類語辞典タイトル

 

高校野球選手権鹿児島大会で、
鹿児島修学館が0−55
鹿児島商にコールド負けしたという
ニュースを見ました。

 

 

5回コールドだそうですが、
勝った方もかなり体力消耗しただろうと思います。

0−55

 

 

どちらもお疲れ様でした。

 

 

 

 

このニュースを知って、
真っ先に思い出したのが
逆境ナイン」という野球マンガです。

逆境ナイン

 

 

実はちゃんと読んだことないんですが、
一度聞いたら忘れられない名セリフがあります。

 

 

それが
たかが100点差」。

 

 

もちろん野球の試合です。

 

 

初めて聞いた時、
あまりのバカバカしさに大笑いしました。

 

 

読んだことなくても
もう絶対忘れませんよね。

 

大笑いしましたが、よく考えると
すごく勇気をもらえる言葉だと思いませんか?

 

 

今起きている問題なんて、野球で100点差をひっくり返すよりは簡単じゃない?

 

って変にポジティブになれる
力強い言葉だなと思うようになりました。

 

 

 

 

たかが100点差」のように、
短くても「刺さる」とか「響く」言葉を
作れるようになりたいなぁと思ってます。

 

 

キャッチコピーや商品名、
毎日書いてるブログのタイトルもそうですね。

 

 

まあブログのタイトルについては
SEOも関係してくるので
「刺さる」や「響く」よりも
検索ワードとしての機能性を
見る必要がありますが、

キャッチコピーや商品名などは
言葉のセンスを問われます。

 

 

試しにGoogle先生に質問したら、
たくさんの記事がヒットしました。

キャッチコピーの作り方検索結果

 

 

やはりみなさん、
言葉では悩んでいるみたいです。

 

 

 

 

キャッチコピーの作り方については
これらの記事にお任せするとして、
言葉選びで私が使っている方法を
1つご紹介したいと思います。

 

 

なんかこんな感じの言葉
とか

こういうことが言いたい
という言葉が思い浮かんでも、

 

意味はそれなんだけど、どうもしっくりこない
だったり

もっとおしゃれな言い回しがいい
ってこと、ないですか?

 

 

そんなとき私が利用しているのが
類語辞典」。

 

 

ネットで検索したらすぐに出てきます。

類語辞典

 

 

たとえば「書く」という言葉を、
もう少し凝った言い回しにしようと思います。

 

 

この類語辞典の検索窓
「書く」と入力して「項目を検索」をクリックすると
筆記」「執筆」「綴る」などの他に
筆を取る」「紙幅を費やす」など
ちょっと思いつかないような言葉も
教えてくれるので重宝します。

 

 

キャッチコピーじゃない普通の文章でも

同じような言い回しが続いたので、ちょっと変えたいな
という場合によく利用しています。

 

 

 

 

 

言葉選びって本当に大切ですが、
普段はなかなかそこまで考える機会が少ないです。

 

 

とはいえ、発信するには言葉が重要!

 

 

よく言われていることですが、
本屋さんに行って
雑誌の表紙の文字を見るとか、
売れている本のタイトル
眺めてみるのもすごく勉強になりますよ。

 

 

今すぐ言葉を調べたい
という場合は、
ネットの類語辞典がとても便利。

 

 

よかったら使ってみてくださいね。

 

 

あなたの情報発信の
ヒントになれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA