文字入力が速い人はここが違う!入力スピードアップのポイント

キーボードタイトル

 

パソコンが仕事で使われ始めて久しいですが、
あなたはスムーズに文字入力ができますか?

 

 

私はもともとワープロ・パソコンの
インストラクターをやっていたので、
入力はそこそこ早い方だと思います。

 

 

お仕事でヒアリングするときなど
お相手がちょっと話すのがゆっくりの方だと、
ノートじゃなくてパソコンを使って
聞き取った内容をメモしてます。

 

 

パソコンの得手・不得手は
文字入力がスムーズかどうかで大きく変わってきます。

悩む

 

そこで今回は
文字入力がちょっとでもスムーズになるポイント
についてお伝えしたいと思います。

 

 

よろしければお付き合いください。

 

 

 

人差し指だけよりも全部の指を使った方がもちろん速い

 

当たり前の話ですね💦

 

 

ただ物理的に
指の本数が増えるからというよりも、
実際にやっている身としては
全部の指を使った方が
キーボードを見ずに入力できるから
という理由の方が大きいですね。

タッチタイピング

 

 

じゃあ、どのキーをどの指で押すか決まってるの?
ってことですけど
佐藤まき
はい、決まってます。

 

 

パソコンのキーボードをよく見ていただくと
F(は)」と「J(ま)」のキーだけ
他と違っているのがわかりますでしょうか?

キーボード

 

 

私のパソコンの場合は
「F」と「J」のキーだけポツっとした突起物があります。

 

 

この「F」と「J」に左右の人差し指を置き
外側に向かって中指・薬指・小指と置いた
その位置をホームポジションと言います。

 

 

その位置のキーは、
いま置いている指で打つということですね。

 

 

なのでそれぞれのキーの割り当てはこんな感じです。

キーボードホームポジション

 

 

色がついていない
人差し指の内側(GやHの列)は人差し指の担当です。

 

 

右の小指の外側にはみ出てるキーは
右の小指の担当になります。

 

 

人差し指も小指も、
ホームポジション以外のキーを打ったあとは
元の位置に戻すのが基本です。

 

 

 

指を覚えるよりも即効性があるのは変換を押すタイミング

 

どのキーをどの指で押すかは
ご理解いただけたかと思いますが、

理解したからといってすぐ打てるようになるか

というとそれはまた別の話。

 

 

やっぱりある程度練習しないと
正しい指で入力するのは難しいです。

 

 

じゃあ入力は速くならないのかというと
そんなことはなくて、
入力が速い人とそうでない人の
もう一つの違いが漢字に変換するタイミングです。

 

 

入力がたどたどしい人は
単語ごとに変換を押す傾向があります。

 

 

参加する」という文字を
さんか」「する」と区切って変換したり、
閑静な住宅街」という文字を
かんせい」「」「じゅうたくがい」と
分けて入力してませんか?

 

 

このように単語で区切ってしまうと
変換数が多くなり
その分漢字選択の回数が増えて
入力に時間がかかってしまいます。

 

 

オススメは「文節変換」。

 

 

文節をわかりやすくいうと
息継ぎしておかしくないところ」になります。

 

 

参加する」「閑静な」という具合に
息継ぎをするタイミングに区切って入力すると
単語変換よりも変換回数が減りますし、
なによりスムーズに入力できるので
その分スピードも上がります。

 

 

 

訂正を速くすることで入力全体のスピードを上げる

 

単語変換のように
むやみに区切って入力するのは
スピードダウンにつながりますが、
逆に複数の文節に渡って
長い文字を打ってから変換するのも
減速の原因になります。

 

 

明日は医者に行きます

という文を打つのに

あしたはいしゃにいきます

と打って変換すると、
うまくいくときもありますが
明日歯医者に行きます」になる可能性もあります。

 

 

そうなった時、ほとんどの方が
打ち直しをしていると思いますが、
これは文節の区切りが違っているだけ。

 

 

打ち間違いではないため
わざわざ入力し直す必要はありません

明日歯医者に行きます

今、「明日」が一つの文節として
認識されていますが、
これを「明日は」までを
文節とすればいいわけです。

 

 

やり方ですが、写真のように
「明日」にちょっと太い線がついている状態
(強調されている状態)で

「Shift 」を押さえたまま「→(右矢印キー)」

を押すと文節が伸びます。

明日は医者に行きます

 

 

逆に文節を短くしたい場合は
「Shift + ←」です。

 

 

入力に時間がかかる大きな原因が
打ち間違いの修正」です。

 

 

全く違う文字を打ってしまった場合は
打ち直しが必要ですが、
文節の認識が違うだけであれば
上記の方法で修正が可能です。

 

 

これを知っておくだけで
何度も入力する手間が省けますので、
その分文字入力の時間が短くなりますね。

 

 

あと、入力途中の文字を全消ししたい場合は、
BackSpaceなどで一文字ずつ消さなくても
Esc」を1回または2回押せば全消しできますよ。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

 

 

キーボードの「F」と「J」が
他のキーと違っていることを
知らない方が多いということから、
ちょっと話を広げてキーボードのホームポジション
入力スピードアップのポイントについて書いてみました。

 

 

英文と違い、
日本語独特の「変換」という作業に
時間を取られている方も多く見受けられます。

 

 

変換を押すタイミングと、
変換誤りの修正方法を知っておくだけでも
全体のスピードアップにつながりますよ。

 

 

やり慣れないと違和感があるかもしれませんが、
文節変換は慣れればスムーズに
入力できるようになるのでオススメです。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。