目指す先を迷わないための「TTP」

TTPタイトル 日常
TTPタイトル

 

 

テレビドラマの見逃し配信
使ったことはありますか?

 

 

これのおかげで
住んでいる地域では放映されていない
ドラマやバラエティーも
見ることができます。

 

 

テレビ好きには
ホントありがたいことです。

 

 

広島はテレビ東京系が映らないのですが
今は執事西園寺の名推理2
毎週チェックしています。

執事西園寺の名推理2

 

 

もともと推理モノが好きなのと、
好きな役者さんが出ているので
前のシリーズから見続けています。

 

 

フィギュアスケートができたり
時代劇の殺陣もバッチリのスーパー執事
という設定が現実離れしていて
気楽に楽しめるドラマです。

 

 

 

 

このドラマの中で西園寺の後輩執事が
若手の俳優さんに
こんなことを言うシーンがありあした。

 

 

偉大な先輩がいると後輩は大変ですよ

 

でも目指す先を迷わなくていいから
楽でいいとも言えますよね

 

 

偉大な先輩俳優が演じた映画のリメイク版で
先輩と同じ主役に抜擢された子が、
「どうしても比べられている気がして・・・」
と、悩んでいるときにかけてあげた言葉です。

なぐさめる

 

 

ビジネスをする上で重要なのが、
どれだけ細部までイメージできるかです。

 

 

何を売るのか

どういうやり方で売るのか

お客様にどうアプローチすればいいのか

 

 

「何を」も大事ですが、
それ以上に「どうやって」を
しっかりイメージしておく必要があります。

 

 

ただこれを自分一人で考えるのは大変

難しい

 

 

だから最初はTTP

 

 

目指す先にいる先輩を
徹底(T)的に(T)パクる(P)」です。

 

 

目指すべき偉大な先輩を見つけて
徹底的に真似をして追いかければ、
目指す先を迷わなくて済みます。

 

 

 

 

このとき気をつけたいのは、
パクる相手の選び方

 

 

あの人は実績もある人だから
だけで真似たりしても、
成果が出るのは難しいかなと思います。

 

 

真似るその人は
未来の自分なわけですから、
自分がやりたいビジネスプラン
あっているかどうかが大事です。

 

 

モノづくりをしているのに
講師業をやっている人のやり方を真似ても
なかなか難しいですし、

サロン経営しようと思っているのに
自宅教室の先生のやり方を真似ても
結果は出にくいのではないでしょうか。

 

 

 

 

だから大事なのは他社(者)研究

 

 

他の人はどんなやり方なのか
しっかり見て、
自分はどんな風になりたいか
じっくり考えてイメージする。

 

 

この人が好きだからとか、
実績ある人だからではなく、

この人のやり方が私の理想だ
という人を見つけて、
その人を徹底的にパクることが大事です。

 

 

TTPの前に研究だったり
勉強だったりをちゃんとやっておけば、
真似する相手を間違えることも
いい加減なコンサルを選んで
失敗することもありません。

 

 

実は私も勉強不足で
いろいろ遠回りしてしまいました💦。

 

 

だからこそ、
今いろんな本を読んだり
いろんな人の話を聞いて勉強し、
気づいたことや学んだことを
発信して記憶に定着させています。

 

 

あなたが真似たい理想の誰かは、
どんなビジネスプランでやってますか?

 

 

しっかり考えて、いい人を見つけて、
見つかったらTTPですよ。

 

 

あなたのビジネスのお役に立てれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。