知らないと損する技はテキストには書いてない

プロの技タイトル 日常
プロの技タイトル

 

もうすぐクリスマスですね。

 

毎年うちでは、
家族でささやかなパーティー・・・
という名の家飲みをしています。

 

締めのデザートはクリスマスケーキ!

 

飲みの最後に
幸せな気分にしてくれる
スウィーツをゲットするため、
今日はお世話になっている
パン教室・Ete mille
クリスマスケーキ特別レッスンに参加してきました。

Ete mille のホームページはこちら

 

 

 

ケーキのスポンジ部分は、
先生がすでに焼いてくれているので、
私たちの作業は、まず切るところから。

 

中にクリームと栗を入れるので
3枚に切るのですが、
慣れていないとまずここでつまづきます

 

どうしても
ナイフが斜めに入ったりして、
場所によって厚みが変わりがちです。

 

3枚に切ったあと1つに戻した時、
元の場所とずれて重ねると
厚みの違いでちょっと形が
おかしくなりますよね?

 

そこで出てくるのが
プロの知恵です。

 

3枚に切る前に、
縦に1箇所スポンジを削っておきます。

スポンジケーキの傷

 

重ねる時に
ここを目印にすることで、
きちんと元の形に
戻すことができるのです。

 

ちょっとしたことですが
こういうところに違いが出ますね

 

実際、
ナイフが途中から斜めになって
場所によって厚みがかなり
変わってしまいました💦。

 

でも、クリームを塗ることと
この目印のおかげで、
形も安定し、全然気にならないレベルです。

モンブランケーキ

 

 

 

こういう、
ちょっとしたことなんだけど
知らないと損する技って
いっぱいありますよね。

 

もちろんパソコンにもあります

 

例えばこんな表を

表_加工前

 

こんな風に加工したいとします。

表_加工後

 

左端の列に
「◯月」を一度に簡単に入力したり、
不要な空白行を
同時に削除する方法があります。

 

これは
元インストラクターだから
知っている知識ではなく、
実際に大量のデータから
資料を作っていた
パソコン事務の実務経験
習得した技術です。

 

テキストには載っていない技と
プログラミングによる
処理の自動化で、
あなたの作業を時間短縮しますよ。

 

 

 

Ete mille はパン教室ですので
特別レッスンでもパンを教えていただけます。

 

今日はオリーブ&チーズ

オリーブアンドチーズ

 

トッピングはもちろん、
生地の中にもオリーブが
たっぷり入っています。

 

ちょうどランチの時間に
焼きあがったので、
湯気が立つぐらい
熱々のパンを試食。

 

季節に合わせて飾られている小物で
クリスマス気分を味わいながら、
みんなで美味しくいただきました。

サンタの置物1 サンタの置物2 サンタの置物3サンタの置物4

 

パンも、
ケーキも、
パソコンも、
テキストに書いてない
いろんな技がたくさんあります。

 

「この作業、
もっと楽なやり方があるはずなのに・・・」

 

そう思っているなら、一度ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちらから