言いたいことがありすぎてブログが書けない時の対処法

ライティング

 

こんにちは。佐藤まきです。
「仕事も気持ちも楽にする」
そんな情報を発信しています。

ブログが書けない

かなりざっくり言ってみましたが、
このお悩みをお持ちの方はかなり多いはず!

理由は人それぞれで、
私のように人の目を気にしすぎて
不安に襲われて書けない人もいれば、
何を書いていいかわからない、
そもそも書き方がわからない
という方もいらっしゃいます。

そんな中

書きたいことがいっぱいありすぎて
うまくまとめられないんです
という悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。

そこで今回は
言いたいことがありすぎてブログが書けない時の対処法
について書いてみたいと思います。

よろしければお付き合いください。

 

言えるけど書けない

先週Zoomを使って
ブログの書き「型」をお伝えしてましたが、
昨日は対面で情報発信について
セミナーを行いました。
アンジュセミナー

参加された方の中にも
ブログが書けない
というお悩みをお持ちのかたが多かったです。

理由は様々ですが、中には

言いたいことがたくさんありすぎて・・・
というかたもいらっしゃいました。

ネタがなくて困ることが多い私から見ると、
なんとも羨ましいお悩みです💦

文章力に自信がなくて
悩んでいるのかな?とも思いましたが、
どうもそれが原因ではなさそうです。

こういうかたに、試しに
「どういうお仕事をされているんですか?」
と聞いてみると、
みなさんすごく熱心にお話ししてくれて、
しかも全然話が終わらないんですよね。

お話を聞きながら、

佐藤まき
これってどいういうことですか?
佐藤まき
こういう場合はどうなりますか?
と質問すると、
そこからまた話が広がって
本当にずっと話が止まりません。

それを聞きながら

佐藤まき
それをそのまま書けばいいのに・・・
というと、
それが文章にしようとすると手が止まっちゃうんです
とのことでした。

 

書けないのは、言いたいことを書こうとしているから

言いたいことがたくさんあるのに、
いざ書こうとすると
手が止まってしまうというのは
結構あるあるのようです。

私なりに原因を考えてみると、
自分の言いたいことを書こうとしているから
ではないかなと思います。

このいうお悩みのかたと、過去も含め
何人もお話ししてきました。

知識が豊富なプロフェッショナルゆえに、
言いたいことがいろいろありすぎて
何から書いていいのかわからない。

そんなかたが多かったです。

 

言いたいことではなく、お客様が知りたいことを書く

何から書いていいのかわからない

そんなお悩みのお持ちの方は、
お客様からよく聞く悩みを起点
書いてみてはいかがでしょうか?

事実、私と話しているときは
どんどん話が広がって、
お客様のお悩み解決につながるお話や
お仕事に対する熱い想いが
湧いて出てくるかのようにお話されます。

同じようなお悩みの方と
何人もお話ししましたが、
結局話を始めるきっかけがつかめず
話がうまくまとまらない方が
多いように感じました。

これは
何を書こうかと悩んでいる自分
に焦点が当たっているとも言えます。

しかし、よく言われることですが、
人は自分の知りたいことしか
聞いてくれないものです。

だから、こちらが言いたいことではなく
お客様が知りたいと思っていることを書く

つまり「〇〇に悩んでいるお客様」に
焦点を当てる必要があるわけです。

自分が言いたいこと」ではなく、
お客様が知りたいこと」に焦点を当てると
書きたいことがうまくまとまってきますよ。

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回は言いたいことがありすぎて
ブログが書けない時の対処法について
書いてみました。

ブログが書けないお悩みは多いですが、
意外にも「言いたいことがありすぎる」という
私から見たらとても羨ましい悩みを
お持ちのかたも一定数いらっしゃいます。

言いたいことがありすぎるというかたは
「何を言おうか悩んでいる自分」に
焦点が当たっているように思います。

自分に目を向けるのではなく、
目の前にお客様がいると想像して
そのかたの悩みを解決することを書いていけば
自然に言いたいことが
まとまってくるのではないでしょうか?

「自分が言いたいこと」よりも
「お客様が知りたいこと」に焦点を当てる
筆が進むようになりますよ。

あなたのお客様のお悩みはなんですか?

あなたのビジネスの
ヒントになれば幸いです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

P,S.
それでも文章がうまくまとまらない
という方のために、
イベントや新商品の告知文を作成しています。

1時間程度ヒアリングさせていただき、
あなたの想いを文章にまとめます。
一度作ってしまえば
文章の使い回しも可能です。

「文章に自信がない」
「時間が足りない」

そんなときはぜひご利用くださいね。
紹介・告知ページ作成代行サービス