マツコさん流 成功の3つの秘訣

マツコ会議タイトル 日常
マツコ会議タイトル

 

2019年2月2日に放映された
マツコ会議」。

 

 

この回は
コミックエッセイ編集部を舞台に、
いろんな作家さんたちに
マツコさんがアドバイスをしていました。

 

 

これがもう的確すぎると話題になっています。

 

 

作家さんに向けてのアドバイスでしたが、
これがビジネスにも当てはまることだらけ

 

 

備忘のために書いておきたいと思います。

 

 

よろしければ参考にしてください。

 

 

 

人は異質であること違和感を感じることにお金を払う

 

これは、1冊目を出版後、
2冊目の壁にぶち当たっている
作家さんに対して、
マツコさんが言った言葉です。

 

 

エッセイって作家の目を通して
日常がどう見えているかを
書いたものだから、
自分と同じような視点の作品は面白くない。

 

 

そのアドバイスが

「人は異質であること、
違和感を感じることにお金を払うのよ」

でした。

 

 

これってビジネスも全く同じだなと・・・。

 

 

自分と同じ技術や知識・能力の人に
お金を払う人はいなくて、
自分と違うことができるから
価値を感じて
お金を払ってくれるんですよね。

 

 

それは技術や知識といった
サービスに直結するものだけじゃなく、
その人のそれまでのストーリーだったり
目指しているものだったりでもいいわけです。

 

 

ビジネスではよく
「強み」とか「USP」っていうけど、
プラスのイメージが強いので

自分にはそんないいところなんてない
と、思ってしまいがちです。

 

 

マツコさんに言わせると
異質・違和感を感じてもらえれば
いいのですから、
良いことばかりではなく
失敗経験マイナスなことでもいいわけです。

 

 

マツコさんのこの言葉は
すごく考えさせられました。

 

 

 

成功した人が何を考えていたか

 

最後に出てきた作家さんは
5年間投稿生活を続けて
やっと大賞を受賞し、
今や売れっ子となっている
卯野たまごさん

 

 

マツコさんは卯野さんに

「投稿し続けてた5年間、何考えてた?」

と聞きました。

 

 

卯野さんの答えは

 

この悲惨な生活から抜け出したい!

あとは、私が賞を取れないはずがない

と、思っていたとのことでした。

 

 

これはマツコさんが
貧乏していた時と
全く同じだそうです。

 

 

これもすごく深くって、

「私が賞を取れないはずがない」

っていう根拠のない自信
「成功する」というゴールが
見えているということ。

 

 

だからブレない

 

 

じゃあ、
この根拠のない自信だけが
あればいいかっていうと
そうではなくて、

「今の生活から抜け出したい!」

っていう思いが
行動につながっていたんだと思います。

 

 

つまり、
「私が成功しないはずがない」と信じて
とにかく行動しまくった先に、
現実の成功が待っているということですね。

 

 

 

なぜマツコさんの言葉は刺さるのか

 

この他にもすごくいい言葉が
いっぱいあって、
今の自分を変えるヒントとして
ノートにメモしました。

 

 

これらの言葉は、
伸び悩んでいる作家さんに
向けた言葉ですが、
どれもビジネスに
置き換えることができて、
すごく刺さりました。

 

 

なぜマツコさんの言葉が
こんなにも刺さるのかというと、
それだけ抽象度の高い言葉
使っていて、
どれも本質をついているからだと思います。

 

 

私の場合は
ビジネスに置き換えましたが、
ブログを書くということに対しても
これらの言葉は転用できます。

 

 

改めて、マツコさんって
頭いい人だなぁと思いました。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

 

マツコさん流成功の秘訣は

人とは違うこと

今の生活から抜け出したいという強い思い

私は大丈夫という根拠のない自信

だそうです。

 

 

本当にすごく深イイ回だったので、
多くの方に見ていただきたいです。

 

 

今週までならGyao! などで無料で、
それ以降もHulu なら
過去の回も見られると思うので、
気になる方は探してみてください。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。