自信のない自分にならないためにできること

自信の持ち方タイトル 学び
自信の持ち方タイトル

 

昨日はブログにも書いたように、
長谷川エレナ朋美さんのセミナーに参加してきました。

 

前回よりも
ビジネスよりのお話が多かったので、
短い時間とはいえ
参考にしたい、
取り入れたいと思うことがたくさんあり、
ずっとペンを走らせていました。

 

手書きノート

 

お見苦しくてすみません。
普段はもう少し綺麗な字を書きます💦。

 

それにしても我ながら見事なミミズ文字です。
昨日の今日なのに、すでに読めない字もありました。

 

せっかくいいことを聞いたのに、
これではいかん!とルーズリーフにまとめました。

清書

 

これでいつでも思い出せます😄。

 

 

 

まとめ作業をしていて思い出したのですが、
最後の質疑応答の場面での
エレナさんの言葉がすごく響きました。。

 

その時の質問が
「自分に自信を持つにはどうしたらいいですか?」
というもの。

 

ものすごく直球な質問です。
直球すぎて「ありがとう」と言いたくなるぐらい。
ぜひその答えを聞いてみたいですよね?。

 

正直、自分に自信がある人って
どのぐらいいるのでしょうか?

 

私の場合は
自己評価が低いというか
完璧を求めすぎるのが原因で、
なかなか自分に自信が持てずにいました。

 

そのほかにも、
コンプレックスだったり
経験したことがないという理由で、
自信が持てずにいる人ってきっと多いと思います。

 

そんな
自分になかなか自信が持てない人たちに向けて、
エレナさんの答えは「自分を知る」でした。

 

 

 

人は今まで生きてきた中で、
山もあれば谷もあります。

山あり谷あり

 

山の時期、
人生がうまく行っていた時は
いったい何をしていたのか?。
どんな人とどんな気持ちで接していたのか?

 

谷の時期、
うまく回らなかったのは
何が原因だったのか?。
それをどうやって乗り越えたのか?

 

今までの自分を振り返って
客観的に見たときに、あらためて

「あれ?、私ってこんなことをやってたんだ」とか
「こんなに努力していた私ってすごくない?」って

思うことがいくつか出てくると思います。

 

そうやって自分のいいところを再発見することで、
「自分のことを愛しいと思えるようになる」
とのことでした。

 

 

 

そんなエレナさんの言葉に、
すごく勇気をもらったと同時に、
明石家さんまさんの言葉も思い出しました。

 

例えばお笑い芸人さんがトーク番組に出て、
何も面白いことが言えずに終わってしまった時、
そのことをずっと悔やむ人っていますよね?

お笑い芸人

 

そんな芸人さんのことを、
さんまさんは
「どれでけ自己評価が高いんや?」
と笑い飛ばします。

 

結果が残せんかったということは、
それだけの自分なだけやって

 

確かに・・・。

 

 

 

やるからには
最高のものを!と思うのはいいことです。

 

例えばエレナさんのようになりたい!と
憧れや目標を持つのも大事です。

 

あとは、
目標と現状とのギャップを埋めるために
努力すればいいんですが、
そのギャップの大きさに
自信を失っているケースも
多いのではないでしょうか?

 

そんな時、
ギャップが大きい→自信がない
と結論づけるのではなく、
さんまさんの言葉を思い出して
「それだけの自分」をまず認めることが
『自信のない自分』にならないための秘訣かなと思いました。

 

 

 

成功している人や憧れの人の
マインドを知ることは、とても参考になります。

ただ聞いて終わりじゃなくて、
今までの知識を掛け合わせると
さらに腑に落ちますね。

 

まとめ作業、
時間がないので週末に回そうかと思いましたが
まだ記憶が残っている今日のうちにやっておいてよかったです。

ノート

 

 

 

お友達やクライアントさんと
こんな話で盛り上がることもしばしば。

パソコンの知識や技術だけでなく、
いろんな情報をシェアしています。

お問い合わせはこちらから