脳の中を整理するために必要なこと

脳内整理タイトル 日常

 

8月ももう終わり。

例年なら

まだまだ暑いですね
というところですが、
今年は涼しくなるのが早い気がします。

そんな中、
2~3日前からくしゃみが出だし、
昨日の夜あたりから鼻水が・・・💦。

そして今日は喉が痛いです。。。

どうも風邪をひいたようです。
マスク

風邪をひくと、鼻や喉という
首から上に症状が出るためか
頭がぼーっとします。

進めたい仕事があるのに頭がぼーっとすると、
時間をすごく無駄遣いしている気がして
余計気力が萎えちゃいますね。

今日はどうしても
やらなきゃいけないことがあったので
体に鞭打って頑張りましたが、
明日はゆっくりのんびり過ごして回復に努めます。

 

 

体調を崩して
頭がぼーっとするのは困りものですが、
お風呂で湯船に浸かっているときなど
何も考えないでぼーっとするのはいいですよね。
湯船

ここ最近、
日中頭がフル回転しているので、
お風呂の中ぐらい頭を休めたいものです。

このように
ぼーっとしている時は頭が休んでいて
いろんなことを考えている時は脳がフル回転している

普通はそう考えがちですが、
どうやら逆なんだそうです。

頭が働いているかどうかは
脳の血流によってわかるのですが、
頭でいろいろ考えている時は
脳の一部だけ血流が良くなって、
逆に何も考えずにぼーっとしている時は
脳の全体が血流が良くなっているということです。

考え事している時は脳の一部だけ、
ぼーっとしている時は脳全体が働いているということですね。

 

 

何も考えていない時というのは、
実は脳が情報を整理してくれているらしいです。

ということは、
いろいろ考えたり頭に情報を詰め込んだ後は、
意識的にぼーっとする時間を作り
情報の整理をするのが有効ですね。

そういえばプログラマ時代、
作ったものがうまく動かず
煮詰まった時は残業もせずに
さっさと家に帰ってましたが、
たいてい次の日には解決策が浮かんでました。人間の脳ってすごいですね。
脳科学

 

よく

願い事は天にお任せして手放しちゃったほうがいいよ
なんてことを聞きますが、
脳の仕組みから見ても理にかなっているのかな?
などと考えていました。

脳の情報の整理は
睡眠中もよく行われているのだとか。

ということで、明日はゆっくり
朝寝坊したいと思います。

風邪でぼーっとしている頭で、
脳の有効的な使い方について考えてみました。

あなたのビジネスの
アイデア出しのヒントになれば幸いです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。