プロフィール写真
佐藤 まき  オフィス創楽(そら) 代表

高知県出身 広島市在住

23歳の時にタイピングに興味を持ち、
日本商工会議所主催 日本語文書処理技能検定1級取得
その後に興味はパソコンへと移り、
情報処理二種(当時)に合格

その時に通っていた資格取得専門スクールにスカウトされ就職。
ワープロ検定コースを担当し、最高合格率98%をマーク。
平均でも85%以上の受講生を合格に導いた。

時代とともにパソコンの講座も受け持ち、Excel ・Word ・Access の初級から資格取得コースまで幅広く担当した。

31歳の時に自分の知識を実務で活かしたいという思いから転職し、某大手通信会社に勤務。
毎日10万件以上のデータを扱い、営業資料・会議資料等を作成するようになる。

この時に作業を自動化するマクロ(VBA)を覚え、プログラミングに興味を持つようになる。

それからVB.net、Javaなどを独学で学び、プログラマに転身。
販売管理、生産管理などのほか放射線科システムの作成に従事した。

結婚を機にライフワークバランスについて考えるようになり、2017年起業。
人に頼まれたことをきっかけに、個人起業家の方向けに名刺やチラシのデザインを手がけるなど、それまでとは全く別のIllustratorやPhotoshopなどを使った仕事にもチャレンジする。

実際に起業してみて、経営者・起業家にとって時間がいかに大切かを痛感。
現在は「時短」をテーマに、仕事でのパソコンの使い方や機能のレクチャーや、パソコン作業を「早く」「楽に」するツールやシステムの作成をしている。

 


 

想い

 

私は起業してから、
やるべきことはあるのにモチベーションが上がらず
なかなか行動できないという時期をずいぶん長く続けていました。

 

そんなある日、

「行動できないのは、モチベーションの問題ではなく、
元気が足りないから」

という指摘を受けました。

 

それから元気を貯めるためにはどうしたらいいか、
といろいろ考えていた時期があります。

 

そんな私が気づいたのは、
誰でも元気の源を持っているけれど、
それを貯めて活力にするには時間が必要だということ。

 

・家族の笑顔
・気の合う友達と美味しい料理と美味しいお酒をいただく
・自分の趣味をとことん楽しむ
・何も考えずにぼーっとする

 

元気の源は人それぞれですが、
その源を活力にするには「時間」が必要不可欠です。

 

家族の笑顔が元気の源と言っている人も、
家族の写真だけでは大きな活力にするのは難しい時もありますよね。

家族とのふれあいの時間で直に笑顔を見られて初めて、
大きな活力に増幅することができると思ってます。

 

〝時間は、元気の増幅装置〟

 

時間があれば、余裕が生まれます。
余裕があれば、行動力や発想力が生まれます。

 

私は、『パソコン作業の時間短縮』を通じて
時短や作業の楽だけではなく、
元気を取り戻した後の行動力や発想力を
ご提供したいという想いで仕事をしています。