ブログタイトル

仕事でExcel を使う人が、
一番多く入力する文字はなんでしょうか?

 

ご自身のお名前?
会社名?

 

いろいろ考えられますが、
会社員時代、私が一番よく入力していたのは
”今日の日付”でした。

 

自分の氏名や会社名なら
”単語登録”しておけば楽に入力できます。

でも”今日の日付”は毎日変わるのでやっかいですね。

 

今日は、この
”今日の日付”を楽に入力する2つの方法
について書いてみたいと思います。

 

どうぞお付き合いください。

 

 

今日の日付を【計算】するなら”Today関数”

インターネットで

”Excel  本日日付”

で検索すると、上位に ”Today関数” が出てきます。

Excel Today関数

 

これは、パソコン内部の時計から
Excel を起動しているその日の日付を
計算する関数です。

 

Excel のセルの中に
=Today()
と入力すると、今日の日付が表示されます。

 

ただ、これのやっかいなところは
Excel を開いている、その日の日付が表示されること。

 

今日が2018年5月25日なら「2018年5月25日」と表示されますが
明日同じファイルを開くと、
同じセルなのに「2018年5月26日」と
前日とは違う日付が表示されます。

 

つまりExcel のファイルを開く日によって
表示される日付が違うということです。

 

なので、私はToday関数をほとんど使ったことがありません。

私が入力したいのは、入力したその日の日付であり
今日も明日も明後日も、いつ見ても同じ日を表示して欲しいからです。

 

 

今日の日付を【入力】するならショートカット で入力する

”今日の日付”を計算ではなく、入力したいときは

Ctrl + ; (セミコロン)

で入力できます。

 

これで入力すると、数字や文字を使って入力したのと同じですので
いつExcel ファイルを開いても、入力した日付が変わることはありません

Excel日付ショートカット 入力

 

私は会社員時代に

資料の作成日付
スケジュールの進捗管理

などに、よく”今日の日付”を入力していました。

 

テンキーのないノートパソコンを使用していたため
知ってて良かったショートカット ”の一つです。

 

ショートカット はいくつか使ってましたが、

コピー(Ctrl + C)
カット(Ctrl +X)
ペースト(Ctrl +V)

の次に、日付入力のショートカット をよく使っていました。

 

このショートカットを覚えると、
今日が何日かを確認する必要がないため
すごく楽なのでオススメです。

 

もし”今日の日付”を入力する機会があったら
ぜひ試してみてくださいね。

 

 

まとめ

今日はExcel で”今日の日付”を入力する2つの方法をご紹介しました。

 

1つめは”今日の日付”を計算で出力するToday関数です。
こちらはExcel を起動している日によって、日付が変わります。

 

2つめは数字と文字を入力するのと同じように入力する方法です。
これはショートカット で「Ctrl +;(セミコロン)」で入力できます。

 

ネットでExcel の”本日日付”の入力方法を検索すると
Today関数が上位に出てきますが、
実はショートカット の方が使い勝手が良かったりします。

 

目的に合わせて使い分けてくださいね。

 

余談ですが、
「Ctrl +:(コロン)」で現在時刻が入力できます。

 

ぜひ覚えて使ってみてください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

P.S.
こちらの記事では
Excel で数字のみを選択する便利な機能について書いています。
よろしければ合わせてお読みください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA