長い?短い?ブログに最適な文字数は何文字か?

ブログ文字数タイトル

 

昨日はセミナーコンテストの
サポーター研修に行ってました。
その時の様子はこちら

サポーター研修

 

 

その後の懇親会でのこと。

 

 

ある方に

ブログの文章、長いよね?
と言われました。

 

 

ん~。

もともと文章を
短くまとめるのが苦手なので、
気をつけないと
どんどん長くなる傾向があるのは
事実だなぁ。

 

 

そこでふと、

ブログの文章って
何文字ぐらいが適切なんだろう?

という疑問が湧き上がりました。

 

 

短いほどわかりやすくていいのか?

それとも細かく説明してくれる
長い文章がいいのか?

 

 

ちょっと調べてみました。

 

 

よろしければお付き合いください。

 

 

 

短くて読みやすい文章がベストなのか?

 

確かに、だらだらと
説明ばかりの退屈な文章は
読みづらいものです。

 

 

読みながら

もっと簡潔に説明してよ
とツッコミを入れたくもなります。

 

 

自分の知りたいことが
短くわかりやすく
まとまっていた方が
いいとは思いますが、

だからと言って
ズバリ答えだけでは
理解しづらいこともあります。

 

 

たとえ話
他との比較などがあった方が
理解が深まるってこともありますよね。

 

 

そうなると
ある程度の文字数が必要になってきます。

 

 

 

文字数ではなく文章の質にこだわる

 

以前はGoogle が

ブログ内滞在時間を見ている

とされていたため、
中身はともかく
長い文章の方がいいと
思われていました。

 

 

滞在時間はランキングに影響しない

と発表されてからは、

文字数はそれほど
気にしなくてもいいのでは?
という風潮です。

 

 

ただ上にも書いたように
良質なコンテンツ(情報)」を
満遍なく書こうとすると、
ある程度の文字数になってきますよね。

 

 

また、ビジネスに絡めて
ブログを書いている以上、
書き手である自分の個性
伝えたいところです。

 

 

そう考えると、

情報 + 自分の考え

という構成になり、
500文字程度では足りず
1,000~2,000文字程度がいいのかな
との結論にいたりました。

 

 

あ、あくまで私の考えた結論ね。

 

 

なので、冒頭の

文章が長い
と言ったかたについては
私と違う考えの方もいるよね
ということで、
華麗にスルーすることといたしました。

スキップ

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

 

ブログを日記として
書いている人はともかく、
ビジネスにつなげるような
情報発信をしているなら、
質の良い文章を目指す必要があります。

 

 

そのために文章力を鍛えて、
なるべく簡潔
わかりやすくまとめるよう
努力しないといけません。

 

 

ただ、
読みやすい文章量というのは
人それぞれで、
「長い」「短い」は
感覚的な部分でもあります。

 

 

人の役に立つ情報を
わかりやすく伝える

 

 

これさえ忘れなければ、
文字数は気にせず
自分らしい文章を書くのが一番ですね。

 

 

「長い」「短い」と
いろいろ言われても、
ただ一言

読んでくれてありがとう
だけ伝えて、自分に不要な部分は
さっさとスルーしちゃいましょう。

 

 

何かのヒントになれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。