ブロックマシンタイトル

 

 

来年は東京オリンピック開催ということで、
様々なスポーツが注目されています。

 

 

陸上では100m9秒台が
また飛び出し話題になりました。

サニブラウン選手日本新記録

 

 

私はスポーツするのは全くダメですが、
見るのはやっぱり面白い。

 

 

特に好きなのがバレーボール。

全日本女子バレー

 

 

あのスピード感と
アタックやブロックがきまった時の
爽快感がいいんですよね。

 

 

 

 

国際大会がテレビ放映されるときは
よく見てるのですが、
面白いのはどちらかというと女子の方

 

 

近年強くなって、
世界の強豪とも互角に戦っているので
見ていて応援に力が入ります。

 

 

逆に残念な結果が多かった
男子バレーボールですが、
なんかすごい秘密兵器ができたようです。

 

 

それがこのブロックマシン

男子バレーブロックマシン

 

 

選手のアタックに合わせて
ブロッカーに似せた装置が即座に動きます。

 

 

ただ動くだけじゃなくて、
高さや両手の開き、手のひらの角度など
タブレット端末から操作できるそうです。

 

 

バレーボールの場合
世界の壁はそのまま高さの壁

 

 

女子なら、
背の高い男子選手を相手にすることで
世界の高さで練習することが可能ですが
男子の場合それ以上高い選手がいません

 

 

普段から高さを意識した練習が
できるようにしたいという要望から、
このブロックマシンが開発されたそうです。

 

 

これを使った練習の成果か、
6月7日に格上のアルゼンチン相手に
3−0で勝利しました

男子バレー勝利

 

 

 

 

ブロックマシンは、
日本チームの選手の世界との身長差という
悩みがあったからこそ生まれたものです。

 

 

新しい商品やサービスというのは、
誰かの悩みがあってこそ生まれるんですよね。

 

 

だからこそ、ビジネスをやっていくのに
リサーチが大事なんだとわかってくる。

 

 

お客様や見込み客の方が、
どういったことに悩んでいるのかを
直接聞いたり
ネットで検索してみたり
競合他社(者)が何をしているか
調査する必要がありますね。

 

 

そんなことを肝に命じて、
明日はお客様との面談です。

 

 

お客様の悩みに対して、
私ができることをお伝えしたいと思います。

 

 

あなたのお客様のお悩みはなんですか?

 

 

新しい商品づくりや
見直しのきっかけになれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA