コンセプトタイトル

 

昨日、打ち合わせに行った帰りに
ちょっと図書館に寄ってきました。

 

 

なんか、いい本がないかな~と
思っていた時に
目に入った本がこれ。

コンセプトのつくりかた

 

コンセプトって本当に大事で、
これがあると
ビジネスがブレなくなります。

 

 

ビジネスの起点といってもいいぐらい
大切だと思うんですが、
これを見つけるまでが難しい。

 

興味のあるテーマだし、
正直ブログのネタにもなるなと思い💦
借りてきました。

 

 

まだちょっとしか読んでないですが、
早速いいことが書いてあったので
ご紹介したいと思います。

 

 

よろしければお付き合いください。

 

 

 

コンセプトとは何か?

 

「最強コンセプトで独立起業を楽々軌道に乗せる方法」

最強コンセプト

という本によると、コンセプトとは

それが何で、
誰に何をしてくれるのかが、
パッと思い描けるフレーズ

とのことです。

 

 

それが何で」の「」は
あなただったり商品だったりです。

 

 

誰に何をしてくれるのか」と続くので、
あなたやあなたの商品は
何ができるのか
明確にする必要があります。

 

 

つまり、

人のために自分は何ができるのか

を起点にして
コンセプトを考えていくわけです。

 

 

ただ、これで考えていくと
なんだかしっくりこない
言葉ばかり浮かんできて、
コンセプト作りに悩む人も
多いのではないでしょうか?

 

 

実は私もその一人でした。

 

 

 

「コンセプトのつくりかた」のコンセプト

 

今読んでいるこの本に書いている
コンセプトはちょっと違っていて、

世界を良くすると同時に、
あなたがしあわせに生きられる方法

と書いています。

 

 

ものすごく抽象的な言葉ですが、
私はすごく腑に落ちました。

 

 

「最強コンセプト~」のコンセプトは
人のために」を
考えるものになっています。

 

 

もちろんそれは正しいのですが、
人のためにできる自分」に
幸せなり、価値を感じていないと、
自分の気持ちが
置いてけぼりをくったような
気持ちになってしまいます。

 

 

この「コンセプトのつくりかた」では
「人のためにできる」ことが
自分の幸せにつながっているものが
コンセプトだと言っています。

 

 

これを読んで、
今までコンセプト作りが
しっくりこなかった理由が
わかったような気がしました。

 

 

 

まずは自分の幸せから

 

ビジネスって、
人の不満だったり不安だったりを
解決してあげることです。

 

 

その解決のために何ができるかを
考えないといけないのですが、
そこに自分の幸せがないと
ビジネスが辛いだけになってしまいます。

 

 

初耳学で林修先生は

できることを仕事にしなさい

と言ってました。

林先生

 

それはただ

できればいい

というものではなく、
自分のできることで相手が喜んでくれて、
それを見て自分も

やってよかった

と思える、
そんなサイクルが必要なんだと思います。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

 

コンセプトは
あなたのビジネスを
パッと思い出させるフレーズです。

 

 

つまり、
あなたのビジネスを
端的に言い表した言葉のこと。

 

 

ビジネスは、人の不満や不安を
解決するものですが、
それを通して
あなたが幸せにならなければ
長く続けることは難しいです。

 

 

人を良くすることで
自分も幸せになる
そんな幸せのサイクルができる
ビジネスを作っていきたいものです。

 

 

何かの参考になれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA