バランスのとれたビジネス生活

 

卓球の福原愛選手が、引退を表明しました。

 

私が学生の頃は
「卓球は暗い」というイメージがありましたが、
今そんなことを思っている人はいないと思います。

福原愛さん
(画像お借りしました)

テニスやサッカーなどと比べて
ちょっと地味なイメージだった卓球を、
これだけ注目されるスポーツにした功績は
すごく大きいですね。

 

結婚当初は選手として
できるところまで続けようと思っていても、
家族ができて母となると
考え方が変わって当然だと思います。

 

選手として卓球に多くの時間を割くよりも、
別の立場で卓球に関わることで
家族の時間とのバランスを取ることを
選んだんでしょう。

そんな彼女の決断に敬意を表したいと思います。
本当にお疲れ様でした。

 

 

 

実は私も、
結婚して仕事に対する考え方が変わりました。

 

起業する前はプログラマとして働いていて、
仕事に充実感を感じていました。
プログラマになるまでに苦労したので、
とにかく必死で働いていたんです。

 

ある時は、2ヶ月間土日も休みなし。
朝10:00から夜中の1:00過ぎまで
働いていたこともあります。
(さすがに9:00出社は体が持たなかった・・・)

残業

 

でも、やった分だけ
お金が稼げるっていうのも魅力だったし、
システム開発って結局ものづくりだから
完成した時の達成感が
結構好きだったんですよね。

 

独身だったらずっと続けていたと思います。

 

 

 

そんな時に主人と知り合い
縁あって家族になったんですが、
最初はずっとプログラマの仕事を
続けるつもりでいました。

 

だけど、仕事と家庭の両立って
やっぱり難しいんですよね。

家事

 

残業が多い職種だったので、夕飯を作るのと
後片付けが一番しんどかったかな。
掃除も行き届かないから、家も荒れ放題。

 

それでも仕事を頑張っていたんですが、
主人が体が弱い人で、
病院の付き添いで仕事を休むことが
何回もありました。

 

一番しんどかったのはこれかな?

 

仕事は好きだったので、目一杯やりたい!。
100%やりきりたいのに、
家庭を放っておけないから
気持ち的に中途半端なまま帰らなきゃいけない。

 

なんとなく後ろめたい気持ちを抱きつつ
会社を後にすることが多かったです。

疲れた

私は家庭はもちろん大事だけど、
仕事も目一杯やりたい。
もちろん遊びも大事だし学ぶこともやめたくない。

 

家庭と仕事と遊びと学び、
この4つのバランスが取れて、
どれにも全力を注げるような生活にしたいな
という思いが強くなり、
起業を考えるようになりました。

 

 

 

今、経営者や起業家の方向けに
ビジネスでのパソコン・IT活用のアドバイスや、
時間短縮のための自動化ツールの制作をしています。

 

これは私の経験から、
家庭・仕事・遊び・学びの4つのバランスのうち
仕事の負担を少しでも減らして
他に使える時間を増やすお手伝いを
したいと思っているからです。

ライフワークバランス

 

ただ単にパソコンの使い方を
教えているわけではなくて、
私が考える理想の未来に近づくために
パソコンをもっと使いこなして欲しいと思いながら
仕事をさせていただいてます。

 

 

パソコンの使い方を見直して、
仕事とプライベートのバランスをとりませんか?

私がお手伝いします。

 

 

 

ご提供中のメニューはこちら

お問い合わせはこちらから

 

No.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA