ストーリータイトル

 

 

アンナチュラルというドラマを
ご存知ですか?

 

 

2018年の1月からTBS系列で放映された
石原さとみさん主演の
法医学ミステリードラマです。

アンナチュラル

 

 

先月だったかな?
再放送されたので、
今日ちょっと見返してました。

 

 

米津玄師さんが歌う
主題歌・Lemonの方が有名になりましたが
ドラマの方もおすすめです。

 

 

主人公で法医学者のミコトが勤務する
UDIラボ(不自然死究明研究所)を舞台に
さまざまな不自然(アンナチュラル)な死を
解明していくドラマ。

 

 

「死」がテーマなので、
定番の犯人探し
死者が最後に伝えたかった
メッセージを読み解いたり、
逆に残された人の葛藤を描いたりと、
いろんなパターンで作られています。

 

 

一話完結としても楽しめましたが、
全体を通して8年前からの
連続殺人事件につながっていたり、
バイトで医学生の六郎の
成長物語になっていたりと、
連続ドラマとしても秀逸です。

 

 

放映当時じわじわと人気を上げ、
ギャラクシー賞
ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞の
最優秀作品賞など多数を受賞しました。

 

 

 

 

ドラマがニュースになる時、
主演の役者について

数字が取れる

数字が取れない

についてが話題になりがちです。

 

 

でもこのアンナチュラルが面白かったのは
石原さとみさんが
数字を取れる女優さんだったからでなく、
脚本=ストーリーが良かったからです。

 

 

脚本の良さに加えてアンナチュラルは、
キャラクターそれぞれにもストーリーがありました

アンナチュラル2

 

 

主人公のミコト
一家心中に巻き込まれた過去があるし、

同僚の中堂は、8年前恋人を殺害され
その犯人を追っていて、

バイトで医大生(休学中)の六郎
自身の将来や父親との関係に悩んでいる。

 

 

それぞれの思いや理由があって
法医学の現場に立っています。

 

 

作品としてのストーリーはもちろん、
キャラクター自身のストーリー
とても丁寧に描かれていました。

 

 

 

 

ネットでビジネスについて調べていると、

ストーリーが大事

ストーリーを語れ

という言葉をよく目にします。

 

 

商品そのものよりも、
その商品ができるまでのストーリー
どんな人が作った商品なのか
購入時の判断基準になっている、
そんな流れを感じます。

 

 

そうなると、自分の商品を

どれだけストーリーに乗せて伝えられるか

自分というキャラクターを
どれだけ誠実に伝えられるか

が、今後大事になってくるんでしょうね。

想いを伝える

 

 

私が作る
商品の紹介や講座の告知ページ制作は、
このストーリーを重視しています。

 

 

担当させていただいたクライアント様からは
発売初日から注文が立て続けに入ったり、
受講生がそれまでの2倍になったと
喜んでいただけました。

 

 

自分のことをストーリーにして伝えるには
自分と向き合う作業が必要です。

 

 

なかなかしんどい作業ですが、
これができれば
自己紹介やプロフィールに転用できますし
なによりブレない軸が見つかります。

 

 

あなたの商品には
どんな想いが詰まってますか?

 

 

あなたのビジネスの伝え方の
お役に立てれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA