遠隔学習タイトル

 

山本五十六の有名な言葉に

やって見せ
言って聞かせて
させてみて

というのがありますね。

 

最新の心理学と言われている
NLP(神経言語プログラム)
観点から見ても
すごく理にかなっている言葉です。

 

やって見せ(視覚重視)
言って聞かせて(聴覚重視)
させてみて(体感覚重視)

 

と、すべてに当てはまっているので、
どんな人でも頭に入るようにできてます。

 

 

 

もちろんこれは
パソコンを習うときも同じ。

 

まずは講師が
パソコンを実際に操作して、
どうなるのかを見てもらう。

 

次に、
どういう仕組みで
そうなっているのかを説明する。

 

仕組みと動作を関連づけてから、
実際にやっていただくと
頭に入りやすいですね。

 

少し前まで、こういうことは
パソコン教室のような対面じゃないと
なかなか実践できませんでした。

パソコン教室

 

ところが今は
Zoomという便利なツールがあります。

 

Zoomによって、
講師と生徒さんの距離は無視して、
時間を合わせるだけで
この「山本五十六式レクチャー」が
可能になります。

 

 

 

今日の夜に、
以前ホームページを作成した
クライアントさんから
緊急のヘルプが入りました。

 

私が全て修正しても
もちろん構わないのですが、
それだと次に同じことが起きたら、
また私に頼ることになってしまいます

 

そこで、
緊急を要する部分は私の方で修正し、
そのほかの部分は
クライアントさんご自身で
やっていただけるよう、

急遽でしたが
Zoomでのレクチャーが始まりました。

オンライン学習

 

Zoomだと
画面共有という機能があるので、
まず私の操作を見ていただきます

 

どこをクリックするか、
どこを起点にしてドラッグするか、
Aという操作とBという操作の違いは何か

 

いろんな説明を交えて
画面を見ていただきます。

 

そのあとは
クライアントさんの画面に切り替えて、
実際に操作していただきます

 

「もう少し上」

「その白い部分をクリック」

「あ、もうちょっと下の、何もないところ」

 

など、
実際にお会いして教えるのと
全く変わりなくレクチャーできます。

パソコン操作

 

思うような形に仕上がったところで、
本日のレクチャーは終了。

 

クライアントさんも

次からは一人でできそう。
ありがとうございます。
と喜んでいただけました。

 

 

 

起業したら

ホームページはあった方がいいよ
と言われても、
作った後に

 

「値段を変更したい」

「メニューを増やしたい」

 

となると、
業者さんやシステムによっては
更新料がかかり、
この金額が結構負担になる場合もあります

 

私はできるだけ
この金額を抑えられるように、
Wixという
難しいコードを知らなくても
ホームページが作れるシステムを使い、
お客様のホームページを作ってきました。

Wix

 

Wixなら
パワーポイントのような感覚で
ホームページの更新ができるので、
日付や値段の更新ぐらいなら
一人で簡単にできてしまいます。

 

お客様一人ひとりと個別対応で、
ホームページを一緒に作る講座も
企画してみようかなとも思ってます。

 

これもZoomでできるので、
遠方のお客様でも大丈夫ですね。

 

気になる方は
個別でメッセージいただけると嬉しいです。

 

 

 

今やZoomなしでは
できないサービスも増えてきました。

 

メールなどの文字のやり取りだけでなく、
実際にお話できるので
感覚的なものも伝わりやすいし、
なによりリアルタイムで
意思の疎通ができるのがいいですね。

 

Zoomもパソコンを使えば、
録画することも可能です。

 

ビジネスの相棒は、
やっぱりパソコンですよ

 

苦手な方には、Zoomを使って

「見せて」
「聞かせて」
「やっていただく」

山本五十六式でレクチャーします。

お問い合わせはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA